かごしま国体・かごしま大会ラッピングカーが登場しました!

かごしま国体・かごしま大会の鹿児島市開催をPRする4台のラッピングカーが登場しました!

この車両は、鹿児島トヨタ自動車株式会社、鹿児島トヨペット株式会社、トヨタカローラ株式会社、鹿児島ダイハツ販売株式会社による協賛により、
燃ゆる感動かごしま国体・かごしま大会鹿児島市実行委員会に寄贈されたものです!

これらラッピングカーは、走る広告塔として鹿児島市内を中心に元気に走りまわります。

街中でラッピングカーを見かけたら、ぜひそのデザインにご注目ください!

(当該車両にかかる除幕式・感謝状贈呈式の様子については、後日掲載いたします。)

 

車両のデザイン

ラッピングカーはすべて共通のデザインとなっています。

スポーツの爽やかさや錦江湾の波静かな海をイメージした「ロイヤルブルー」と、炬火の炎や桜島をイメージした「レッド」を基調とし、
車体側面には大胆に鹿児島市実行委員会のロゴマークである桜島と虹のロゴマークを配置しました!

桜島を構成する17本の炬火トーチは国体の本市開催競技数を、虹を構成する7本のラインは全国障害者スポーツ大会の本市開催正式競技数を表しています。

 

ナンバープレート

このページの一番上の画像で、ラッピングカーのナンバープレートの数字が、
「20-20」「10-03」「10-24」になっているのにお気づきですか?

実はこれ、「20-20」はかごしま国体・かごしま大会が開催される2020年を、
「10-03」はかごしま国体、「10-24」はかごしま大会の開会日を表しているんです!

そしてもちろん、ナンバープレートは桜島がデザインされた鹿児島版図柄入りナンバープレート。

ラッピングカーを見かけたら、車両のナンバープレートにもぜひ注目してくださいね!