鹿児島国体

かごしま国体 正式競技

ソフトテニス

ソフトテニス

 ネットを挟んで柔らかいゴム製のボールをラケットでワンバウンド以内に打ち合い得点を競う競技で、日本で考案されました。

  • 国体では、ダブルス2組とシングルス1人の1チーム5人で団体戦を行い、先に2勝したチームが勝ちとなります。
  • 試合は4ポイント先取で1ゲームを獲得し、7ゲームのうち4ゲームを先取したペア(プレイヤー)が勝ちとなりますが、ファイナルになった場合は、7ポイント先取で勝敗を決します。
  • ダブルスはお互いに協力しあうコンビネーションプレーに独特の動きと変化があります。このほか、ロビング(山なりのゆるいボール)やショートボールによる多彩な攻撃、スマッシュやボレーといった華麗なネットプレーなど、迫力のある打ち合いも見どころです。
ソフトテニスが行われる競技会場
かごしま国体・かごしま大会を
シェアして応援しよう!

かごしま国体 特別競技

かごしま国体 デモンストレーションスポーツ