ザビエル滞鹿記念碑

ザビエル滞鹿記念碑

 明治時代に日本最初の仏和辞典を作成したラゲ神父が、日本に初めてキリスト教を伝えたフランシスコ=ザビエルの功績をたたえて建てた最初の教会は、第二次世界大戦で大半を焼失しました。
 今では、その石壁がザビエル滞鹿(滞麑)記念碑としてザビエルの胸像とともに公園内に残されています。

かごしま国体・かごしま大会を
シェアして応援しよう!

中央エリアの他観光地について

中央エリアの観光地一覧を見る
みなと大通り公園
石仏十三体
井上良馨誕生地
鹿児島中央駅総合観光案内所
時標7「ウィリス、高木に西洋医学を説く」(ウィリアム・ウィリス、高木兼寛)

歴史・文化の他観光地について

歴史・文化の観光地一覧を見る
五代友厚銅像
旧鹿児島紡績所技師館(異人館)
庚申仁王石像
丹下梅子銅像
西郷家の墓