伊集院小伝次の墓

伊集院小伝次の墓

 豊臣秀吉は、島津氏を降伏させると、島津義久の第一の家臣伊集院幸侃を人質として連れて行きました。しかし、幸侃は謀反を企てたとして、18代家久に殺され島津義久の第一の家臣伊集院幸侃の子のうち、小伝次の弟の三郎五郎・千次郎も、その後、滝の下で殺されました。
 この墓は、正徳2(1712)年に建てられ、小伝次の墓と呼ばれていますが、弟二人の基ではないかともいわれています。土地の人たちは、「こちどんの墓」とも呼んでいます。
(出典:「鹿児島市の史跡めぐりガイドブック-四訂版-」鹿児島市教育委員会・平成11年3月発行)

谷山エリアの他観光地について 谷山エリアの観光地一覧を見る

辺田学館跡
皇徳寺跡
鬢石
鹿児島ふれあいスポーツランド

歴史・文化の他観光地について 歴史・文化の観光地一覧を見る

島津久光公像
帖地の田の神
藤後左右句碑
月照上人の遷化の碑