児玉美術館

児玉美術館

 「樹々と語り、名画と語る緑のなかの美術館」をキャッチフレーズに1985年、開館した鹿児島市で初の私立美術館です。
 杉や桧、竹、梅、桜、楓などの林が配された約10万平方メートルの敷地には小川が流れ、自然散策が楽しめる遊歩道もあり、さながら美術館公園といった趣です。芸術の薫りとともに四季の自然が楽しめるよう配慮されています。
 海老原喜之助、大嵩禮造、山下三千夫など郷土作家の絵画を中心に収蔵しています。稀少な海老原の中学時代の作品や絶筆、香月康男の絵画と鹿児島の古陶器と現代陶器、前衛陶芸の第一人者の鈴木治、民芸陶器の河井寛次郎等の作品の展示はこの美術館ならではです。
 新館には、禮造のアトリエ、喫茶のできる研修図書室、陶磁器室、部屋の中央を川が流れる大展示室があります。

谷山エリアの他観光地について

ふるさと考古歴史館
皇徳寺跡
鬢石
山田の二十三夜待供養塔

谷山エリアの観光地一覧を見る

歴史・文化の他観光地について

南泉院歴代住職の墓
調所広郷銅像
探勝園
歴史ロード“維新ふるさとの道”

歴史・文化の観光地一覧を見る