入佐の田の神

入佐の田の神

 入佐の田の神は県指定文化財で、芋石と呼ばれる巨石を背に立っています。
 この田の神は県下でも造立した時代が古く、山の山頂にあることが特徴です。
 享保12年(1727年)に入佐地域の同志32名によって開田と稲の豊作を祈願して建られました。

入佐の田の神

松元エリアの他観光地について 松元エリアの観光地一覧を見る

轟の滝
石谷の石坂
中村晋也美術館
あいハウジングアリーナ松元(松元平野岡体育館)・あいハウジンググラウンド松元(松元平野岡運動場)

歴史・文化の他観光地について 歴史・文化の観光地一覧を見る

平田靭負銅像
月照上人の追悼碑
西郷南洲野屋敷の跡
村田新八誕生地の碑