刀匠玉置家歴代の墓

刀匠玉置家歴代の墓

 刀匠玉置一平安代は、延宝8(1680年)年に玉置一平安貞の嫡子として生まれ、幼少より父に鍛錬の秘訣を習い、長じて谷山波平の刀匠安行の門人となりました。
 将軍徳川吉宗の命によって、享保6(1721)年の春、江戸浜御殿で妙技をふるい、御腰物二振を作り、その功により、刀茎に葵一葉を許され、7年には主馬首に任ぜられました。
 昭和60(1985)年、県文化財に指定されました。

かごしま国体・かごしま大会を
シェアして応援しよう!

喜入エリアの他観光地について

喜入エリアの観光地一覧を見る
喜入のリュウキュウコウガイ自生地
キイレツチトリモチ産地
樋高展望台
帖地の田の神
肝付家歴代の墓地

歴史・文化の他観光地について

歴史・文化の観光地一覧を見る
林芙美子文学碑・古里公園
維新ふるさと館
肝付家歴代の墓地
石坂
藤後左右句碑