南洲翁開墾の地の碑

南洲翁開墾の地の碑

 明治6(1873)年、朝鮮への使節派遣に反対されて帰郷した西郷隆盛は、翌々年ここに開墾社をつくり、この一帯およそ39ヘクタールを開墾し、自分も生徒とともにくわをふるいました。
 当時の開墾社には西郷と行動をともにした「陸軍教導団」の生徒も約百名入っていました。そして、昼間は開墾につとめ夜は学問にはげみました。石碑の前のあたりは、寺山私学校(教導学校)があったところです。
(出典:「鹿児島市の史跡めぐりガイドブック-四訂版-」鹿児島市教育委員会・平成11年3月発行)

かごしま国体・かごしま大会を
シェアして応援しよう!

吉野エリアの他観光地について

吉野エリアの観光地一覧を見る
月照上人の遷化の碑
月照上人の追悼碑
県立吉野公園
駄馬落の跡
桐野利秋・別府晋介誕生地

西郷どんゆかりの地の他観光地について

西郷どんゆかりの地の観光地一覧を見る
月照上人の追悼碑
幼年学校跡碑
西郷隆盛・従道誕生地
西郷家の墓
西郷隆盛蘇生の家

歴史・文化の他観光地について

歴史・文化の観光地一覧を見る
キリシタン墓地
島津斉彬公御陣屋跡
南洲翁愛馬塚の碑
時標3「黒田清輝、桜島の噴火を描く」(黒田清輝、弟子)
米谷静二句碑