喜入のリュウキュウコウガイ自生地

喜入のリュウキュウコウガイ自生地

 リュウキュウコウガイ(メヒルギ)は、喜入地域が北限とされ、国道226号沿い、喜入生見町米倉付近のものは、国の特別天然記念物に指定されています(喜入地域には本指定地域以外に、愛宕川流域にも大きな群落があります。)
 リュウキュウコウガイは、マングローブ林を形成する植物の一種で、琉球のかんざしに似ているところからこの名前が付いています。

喜入のリュウキュウコウガイ自生地
喜入のリュウキュウコウガイ自生地
かごしま国体・かごしま大会を
シェアして応援しよう!

喜入エリアの他観光地について

喜入エリアの観光地一覧を見る
樋高展望台
キイレツチトリモチ産地
肝付家歴代の墓地
刀匠玉置家歴代の墓
帖地の田の神

自然景観の他観光地について

自然景観の観光地一覧を見る
生見海水浴場
慈眼寺公園
中央公園
キイレツチトリモチ産地
黒神埋没鳥居