大口筋白銀坂

大口筋白銀坂

 白銀坂は、鹿児島市牟礼岡から姶良市脇元までの石畳の残る旧街道です。
 この坂のある山並みは、古代における薩摩国(鹿児島市側)と大隅国(姶良市側)の国境でした。また、戦国時代には、姶良地方の領有をめぐって島津貴久や義弘などの武将たちがこの坂に陣を構えたといわれています。
 江戸時代に入ると、白銀坂は鹿児島藩の主要街道である「大口筋」上の難所として多くの人々に知られていました。
 「歴史国道」にも指定されている白銀坂は、当時の道のり(約4km)の約3kmが残っており、今でも昔の面影をよく残しています。

歴史・文化の他観光地について 歴史・文化の観光地一覧を見る

名勝 仙巌園(磯庭園)
川路大警視像
時標1「イギリス艦、鹿児島湾に現る」(大山巌、西郷従道、山本権兵衛)
入佐の田の神