寺山炭窯跡と炭窯の碑

寺山炭窯跡と炭窯の碑

  江戸末に日本の近代文明を開く先がけとなった藩主、斉彬の集成館事業で使われた炭がまで、昭和52(1977)年、市の文化財に指定されました。
 また、平成25(2013)年、国史跡「旧集成館」に追加指定、平成27(2015)年7月には「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭作業」の構成資産の一つとして世界文化遺産に登録されました。
(出典:「鹿児島市の史跡めぐりガイドブック-四訂版-」鹿児島市教育委員会・平成11年3月発行)

かごしま国体・かごしま大会を
シェアして応援しよう!

吉野エリアの他観光地について

吉野エリアの観光地一覧を見る
駄馬落の跡
月照上人の追悼碑
桐野利秋・別府晋介誕生地
関吉の疎水溝
南洲翁愛馬塚の碑

歴史・文化の他観光地について

歴史・文化の観光地一覧を見る
石橋記念公園・石橋記念館
月照上人の遷化の碑
維新ふるさと館
時標2「樺山、黒田、大いに語る」(樺山資紀、黒田清隆)
茄子田の田の神

世界遺産の他観光地について

世界遺産の観光地一覧を見る
関吉の疎水溝
旧鹿児島紡績所技師館(異人館)
尚古集成館