山田の二十三夜待供養塔

山田の二十三夜待供養塔

  旧暦1月・5月・9月の23日の夜、宿を決めて集まり、ふるさとを遠く離れた夫や子供たちの無事を祈る「二十三夜待」という行事は、古くから各地で行われています。
 この行事では、離れている人の持ち物等を飾り、酒肴や23個の団子を供え、一晩中、食べたり、飲んだり、歌や踊りをして、月の出、日の出を待ちました。
 この供養塔には、「安永三年 女相中」と刻まれていますので、江戸時代の中頃(1774)に、この地区の女の人たちが、夫や子供の無事を祈って建てられたものと思われます。

谷山エリアの他観光地について

懐良親王御所記念碑
奄美の里
清泉寺跡
児玉美術館

谷山エリアの観光地一覧を見る

歴史・文化の他観光地について

川田堂園供養塔群
時標3「黒田清輝、桜島の噴火を描く」(黒田清輝、弟子)
中村晋也美術館
五代友厚銅像

歴史・文化の観光地一覧を見る