山田の田の神

山田の田の神

 像の高さは約60センチ、右手にめしげ(杓子)、左手に細長い棒のようなものを持ち、頭には頭巾のようなコシキをかぶっています。美しくよく整った彫刻で、台座には雲竜紋の模様があり、その下の台石には「霜月吉日享保八歳(一七二三)女人相中」と刻まれています。
 享保8(1723)年頃に建てられたもので、隣りに二十三夜待供養塔もあり、このあたりの女の人たちによって建てられたものです。
昭和41(1966)年、川上町の田の神とともに県文化財に指定されました。
(出典:「鹿児島市の史跡めぐりガイドブック-四訂版-」鹿児島市教育委員会・平成11年3月発行)

かごしま国体・かごしま大会を
シェアして応援しよう!

谷山エリアの他観光地について

谷山エリアの観光地一覧を見る
鹿児島ふれあいスポーツランド
山田の二十三夜待供養塔
奄美の里
皇徳寺跡
ふるさと考古歴史館

歴史・文化の他観光地について

歴史・文化の観光地一覧を見る
三宅美術館
西南の役官軍戦没者慰霊塔
示現流兵法所史料館
建機ミュージアム
大久保利通誕生地