島津久光国葬道路

島津久光国葬道路

 島津久光公は、薩摩藩最後の藩主である島津家29代忠義公の父で、忠義を助けて、明治維新に尽くしました。
 明治20(1887)年に病死したため、国葬になり、玉里邸の黒門から国道まで新しく道路がつくられました。その道路を国葬道路と呼んでいます。
(出典:「鹿児島市の史跡めぐりガイドブック-四訂版-」鹿児島市教育委員会・平成11年3月発行)

伊敷エリアの他観光地について 伊敷エリアの観光地一覧を見る

名突観音像
かごしま健康の森公園
建機ミュージアム
旧島津氏玉里邸庭園

歴史・文化の他観光地について 歴史・文化の観光地一覧を見る

旧鹿児島紡績所技師館(異人館)
都迫の念仏かくれ窟
西郷南洲翁宅地跡
川路大警視像