島津斉彬公御陣屋跡

島津斉彬公御陣屋跡

 島津家第28代当主斉彬公の陣屋跡です。
 この一帯は天保山調練場として洋式調練や砲術、騎兵、工兵などの訓練が行われたところで、斉彬は嘉永4(1851)年以来ここで将兵を閲兵したり、各種の訓練を見学したりして、将兵の士気を鼓舞し、その育成につとめました。
(鹿児島市文化財調査報告書(5)昭和63年3月31日発行より)

中央エリアの他観光地について 中央エリアの観光地一覧を見る

川路大警視像
歴史ロード“維新ふるさとの道”
大久保利通銅像
小松帯刀像

歴史・文化の他観光地について 歴史・文化の観光地一覧を見る

陽山美術館
琉球人松碑
時標3「黒田清輝、桜島の噴火を描く」(黒田清輝、弟子)
中央公民館