川田堂園供養塔群

川田堂園供養塔群

 中世の頃、鹿児島市の郡山地域は満家院と呼ばれ、この地で比志島氏という豪族が活躍し、川田を領した比志島盛資が川田氏の始祖になります。
 この「川田堂園供養塔群」には、高さが3.42メートルにもなる層塔が2基、五輪塔が数基に、角石塔や小五輪塔など数十基があり、鎌倉期から室町期中世の信仰思想を知る貴重なものです。

郡山エリアの他観光地について

茄子田の田の神
郡山総合運動場
スパランド裸・楽・良
甲突池

郡山エリアの観光地一覧を見る

歴史・文化の他観光地について

駄馬落の跡
上坊石塔群
寺山炭窯跡と炭窯の碑
造士館・演武館・医学院跡

歴史・文化の観光地一覧を見る