常盤五輪塔群

常盤五輪塔群

 古くから常盤御前の墓と言われており、数基の五輪塔が祀られていましたが、昭和56(1981)年に、ゆかりのある人たちによって、付近に埋没していた百余基の五輪塔、宝塔や層塔などを復元しました。
 大型五輪塔や石塔群の一番奥まった雑木の下のものは、鎌倉時代の川田氏一族のものと同型であると推測されています。また、数基の相輪は、鮫島、市来や黒葛原の各氏のものに類似していると言われ、これらの供養塔群は、この地方に住んでいた中世の諸豪族の歴史や、近世の民間信仰を知るうえで貴重な石塔群です。

郡山エリアの他観光地について 郡山エリアの観光地一覧を見る

茄子田の田の神
川田堂園供養塔群
郡山総合運動場
八重の棚田

歴史・文化の他観光地について 歴史・文化の観光地一覧を見る

時標3「黒田清輝、桜島の噴火を描く」(黒田清輝、弟子)
尚古集成館
五代友厚銅像
東福寺城跡