懐良親王御所記念碑

懐良親王御所記念碑

 後醍醐天皇の命令を受けて、皇子懐良親王は興国3(1342)年、征西将軍として薩摩に入り、南朝方の谷山郡司である谷山五郎隆信に迎えられ、御所原(見寄ヶ原)本陣を置きました。
 懐良親王は6年間ぐらい御所原に住んでいましたが、決定的な勝利をおさめることができないまま、正平2(1347)年の11月下旬に、海路を渡って肥後(熊本)の菊池氏のところに向かいました。
  現在、御所原は火葬場となり、その一角に「征西将軍懐良親王御所記念碑」が大正11(1922)年にたてられています。
(出典:「鹿児島市の史跡めぐりガイドブック-四訂版-」鹿児島市教育委員会・平成11年3月発行)

谷山エリアの他観光地について 谷山エリアの観光地一覧を見る

山田の田の神
三宅美術館
伊集院小伝次の墓
山田の二十三夜待供養塔

歴史・文化の他観光地について 歴史・文化の観光地一覧を見る

石仏十三体
南泉院歴代住職の墓
川路大警視像
示現流兵法所史料館