新波止砲台跡

新波止砲台跡

 西欧列強からの外圧に対する防衛強化策の一環として島津斉彬が安政元(1854)年に設置した砲台跡で、国の重要文化財となっています。
 薩英戦争時にはここに11門の大砲が備えられました。

新波止砲台跡
かごしま国体・かごしま大会を
シェアして応援しよう!

中央エリアの他観光地について

中央エリアの観光地一覧を見る
乃木静子誕生地
井上良馨誕生地
五代友厚銅像
黒木為楨誕生地
示現流兵法所史料館

歴史・文化の他観光地について

歴史・文化の観光地一覧を見る
金子兜太句碑
時標6「伊地知、吉井、政変について語る」(伊地知正治、吉井友実)
清泉寺跡
石仏十三体
歴史ロード“維新ふるさとの道”