新波止砲台跡

新波止砲台跡

 西欧列強からの外圧に対する防衛強化策の一環として島津斉彬が安政元(1854)年に設置した砲台跡で、国の重要文化財となっています。
 薩英戦争時にはここに11門の大砲が備えられました。

新波止砲台跡
かごしま国体・かごしま大会を
シェアして応援しよう!

中央エリアの他観光地について

中央エリアの観光地一覧を見る
吉井友実誕生地
多賀山公園
今和泉島津家本邸跡(篤姫誕生地)
ザビエル上陸記念碑
長沢鼎誕生地

歴史・文化の他観光地について

歴史・文化の観光地一覧を見る
時標2「樺山、黒田、大いに語る」(樺山資紀、黒田清隆)
皇徳寺跡
尚古集成館
樺山資紀邸跡
若き薩摩の群像