新波止砲台跡

新波止砲台跡

 西欧列強からの外圧に対する防衛強化策の一環として島津斉彬が安政元(1854)年に設置した砲台跡で、国の重要文化財となっています。
 薩英戦争時にはここに11門の大砲が備えられました。

新波止砲台跡

歴史・文化の他観光地について 歴史・文化の観光地一覧を見る

東郷平八郎銅像
桐野利秋・別府晋介誕生地
陽山美術館
ザビエル滞鹿記念碑