新波止砲台跡

新波止砲台跡

 西欧列強からの外圧に対する防衛強化策の一環として島津斉彬が安政元(1854)年に設置した砲台跡で、国の重要文化財となっています。
 薩英戦争時にはここに11門の大砲が備えられました。

新波止砲台跡

中央エリアの他観光地について

川村純義誕生地
鹿児島中央駅総合観光案内所
石燈籠
琉球人松碑

中央エリアの観光地一覧を見る

歴史・文化の他観光地について

木村探元誕生地
月照上人遺跡の碑
琉球館跡
時標2「樺山、黒田、大いに語る」(樺山資紀、黒田清隆)

歴史・文化の観光地一覧を見る