時標2「樺山、黒田、大いに語る」(樺山資紀、黒田清隆)

時標2「樺山、黒田、大いに語る」(樺山資紀、黒田清隆)

 安政5(1858)年、幕府の大老に井伊直弼が就任し、将軍継嗣問題で、薩摩藩主島津斉彬を含む一橋派と激しく対立しました。
 樺山資紀や黒田清隆など多くの薩摩の若者たちが、藩や日本の将来について日々語り合いました。

時標2「樺山、黒田、大いに語る」(樺山資紀、黒田清隆)
かごしま国体・かごしま大会を
シェアして応援しよう!

中央エリアの他観光地について

中央エリアの観光地一覧を見る
調所広郷銅像
岩永三五郎像
石仏十三体
小松帯刀像
鹿児島県立博物館

歴史・文化の他観光地について

歴史・文化の観光地一覧を見る
篠原国幹居宅跡
梅崎春生文学碑
牛島満生い立ちの碑
福昌寺跡(島津家墓地)
大口筋白銀坂