時標3「黒田清輝、桜島の噴火を描く」(黒田清輝、弟子)

時標3「黒田清輝、桜島の噴火を描く」(黒田清輝、弟子)

 大正3(1914)年、鹿児島に滞在していた黒田清輝は桜島の大噴火に遭遇しました。創作意欲を刺激された黒田は、この爆発を主題に絵を描きました。
 一連の絵は現在、鹿児島市立美術館に収蔵されています。噴火中の桜島をスケッチするため、黒田は弟子(山下兼秀)と共に港に向かいました。

時標3「黒田清輝、桜島の噴火を描く」(黒田清輝、弟子)
かごしま国体・かごしま大会を
シェアして応援しよう!

中央エリアの他観光地について

中央エリアの観光地一覧を見る
今和泉島津家本邸跡(篤姫誕生地)
大山巌誕生地
樺山資紀邸跡
浄光明寺
石橋記念公園・石橋記念館

歴史・文化の他観光地について

歴史・文化の観光地一覧を見る
三方限出身名士顕彰碑
東郷平八郎銅像
歴史と文化の道
キリシタン墓地
水原秋桜子句碑