時標4「龍馬、お龍と薩摩でひと休み」(坂本龍馬、お龍)

時標4「龍馬、お龍と薩摩でひと休み」(坂本龍馬、お龍)

 慶応2(1866)年、薩長同盟締結直後に坂本龍馬は京都の寺田屋で負傷しました。小松帯刀や西郷隆盛の勧めにより温泉で傷を癒すため、妻のお龍とともに薩摩を訪れました。小松別邸に滞在し、霧島にも訪れました。
 これが日本初の新婚旅行といわれています。

時標4「龍馬、お龍と薩摩でひと休み」(坂本龍馬、お龍)

中央エリアの他観光地について 中央エリアの観光地一覧を見る

歴史ロード“維新ふるさとの道”
西郷南洲野屋敷の跡
川路大警視像
維新ふるさと館

歴史・文化の他観光地について 歴史・文化の観光地一覧を見る

山田の田の神
探勝園
樺山資紀邸跡
キリシタン墓地