時標5「重豪、薩摩の科学技術の礎を築く」(島津重豪、家臣)

時標5「重豪、薩摩の科学技術の礎を築く」(島津重豪、家臣)

 安永8(1779)年、島津家第25代当主島津重豪は天文台の明時館(天文館)を設置し、薩摩暦を作成しました。重豪はそのほかにも藩校造士館や医学院などを創設しました。
 その先進性は第28代斉彬に継承され、明治維新への基礎を築きました。重豪は自らも家臣(水間良実)と共に天文について語り合いました。

時標5「重豪、薩摩の科学技術の礎を築く」(島津重豪、家臣)

中央エリアの他観光地について 中央エリアの観光地一覧を見る

天璋院像
石仏十三体
薩英戦争(祇園之洲)砲台跡
時標7「ウィリス、高木に西洋医学を説く」(ウィリアム・ウィリス、高木兼寛)

歴史・文化の他観光地について 歴史・文化の観光地一覧を見る

関吉の疎水溝
大口筋白銀坂
平田靭負銅像
時標4「龍馬、お龍と薩摩でひと休み」(坂本龍馬、お龍)