林芙美子文学碑・古里公園

林芙美子文学碑・古里公園

 多目的広場を備えた古里公園内には、小説「放浪記」「浮雲」などの名作を残した女流作家・林芙美子の文学碑があります。
 林芙美子の母親は鹿児島市の出身で、芙美子も鹿児島市で一時期を過ごしました。
 芙美子の本籍地である古里町に、銅像2体と「花のいのちはみじかくて苦しきことのみ多かりき」と刻んだ文学碑が建てられています。

桜島エリアの他観光地について

米谷静二句碑
金子兜太句碑
桜島自然恐竜公園
高濱年尾句碑

桜島エリアの観光地一覧を見る

歴史・文化の他観光地について

関吉の疎水溝
時標3「黒田清輝、桜島の噴火を描く」(黒田清輝、弟子)
肝付家歴代の墓地
帖地の田の神

歴史・文化の観光地一覧を見る