清泉寺跡

清泉寺跡

 川辺の宝福寺の末寺である清泉寺は、慈眼寺と同じように百済(韓国)の日羅上人が開いたといわれています。
 寺の本尊は日羅上人の作と伝えられている高さ約2.7メートルの阿弥陀磨崖仏です。隣りに「建長3(1251)年と刻んだ鎌倉時代の小磨崖仏もあります。
 寺は、明治2(1869)年の廃仏毀釈で廃寺になりました。
 (出典:「鹿児島市の史跡めぐりガイドブック-四訂版-」鹿児島市教育委員会・平成11年3月発行)

谷山エリアの他観光地について 谷山エリアの観光地一覧を見る

奄美の里
ふるさと考古歴史館
山田の二十三夜待供養塔
慈眼寺公園

歴史・文化の他観光地について 歴史・文化の観光地一覧を見る

共月亭
時標1「イギリス艦、鹿児島湾に現る」(大山巌、西郷従道、山本権兵衛)
平田靭負銅像
横山房子句碑