照国神社

照国神社

 島津家第28代当主・島津斉彬公を祀る神社です。
 名君といわれた斉彬公の死後、文久3(1863)年、天皇から「照国大明神」の神号が授けられ、藩では鶴丸城の西側の南泉院(1877年に焼失)の本門前に神社を建てることになりました。神社は、翌年元治元(1864)年に完成、照国神社と称されました。
 その後照国神社は、明治10(1877)年の西南戦争で社殿と宝殿が焼け、昭和20(1945)年の太平洋戦争で再び焼失しましたが、昭和33(1958)年復興造営され、今は鉄筋コンクリート造りになっています。また、入口にある大鳥居は、昭和4(1929)年の建設で、昭和3年の御大典を記念して建てられたもので、高さが19・8メートルもあり、全国的にも珍しいものです。
 照国神社は今も鹿児島で最も大きな神社として、多くの参拝者でにぎわっています。
(出典:「鹿児島市の史跡めぐりガイドブック-四訂版-」鹿児島市教育委員会・平成11年3月発行)一部抜粋

照国神社
照国神社

中央エリアの他観光地について

本立寺跡
山本権兵衛・英輔誕生地
薩英戦争(祇園之洲)砲台跡
西郷南洲野屋敷の跡

中央エリアの観光地一覧を見る

歴史・文化の他観光地について

島津久光国葬道路
松方正義誕生地
淵脇護句碑
東郷平八郎誕生地

歴史・文化の観光地一覧を見る

燃ゆる感動かごしま国体・かごしま大会 鹿児島市実行委員会 instagram かごしま国体・大会鹿児島市公式Instagram
This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.