田之神石像

田之神石像

 田之神様は、豊作をもたらす農業の神様として農民たちが、豊かなみのりを願う心から生まれ、祭られたもので「タノカンサー」と親しみを込めて代々伝えられています。
 鎮守神社の境内にある田之神像は、黒質の凝灰岩の丸彫りに白などの彩色がなされ、高さ120cm、袖部の幅57cmで、大きな甑のシキを笠のように被り、それが背後に大きく突き出ています。下がり目、笑っている口元、凹凸のある大きな丸い顔は、いかにも親しみを感じさせます。

吉田エリアの他観光地について

庚申仁王石像
大口筋白銀坂
牟礼谷の牧神
都迫の念仏かくれ窟

吉田エリアの観光地一覧を見る

歴史・文化の他観光地について

肝付家歴代の墓地
大久保利通誕生地
天文館跡の碑
月照上人の追悼碑

歴史・文化の観光地一覧を見る