甲突川河畔

甲突川河畔

 鹿児島市の中心部を流れる川で、春には約500本の桜が咲き誇り、22時までは夜桜の鑑賞もできます。
 また、甲突川左岸の緑地では3月中旬~5月連休と10月中旬~11月中旬に木市が開かれ、盆栽や花・果樹などを買い求める人で賑わいます。
 高見橋から甲突橋にかけての川沿いは、西郷隆盛や大久保利通など、鹿児島の生んだ明治の大先人たちゆかりの場所で、歴史の街を散策する絶好のポイントです。

甲突川河畔
甲突川河畔

中央エリアの他観光地について 中央エリアの観光地一覧を見る

時標2「樺山、黒田、大いに語る」(樺山資紀、黒田清隆)
薩英戦争(祇園之洲)砲台跡
旧鹿児島紡績所技師館(異人館)
中央公園

自然景観の他観光地について 自然景観の観光地一覧を見る

桜島イベント広場ゾーン(桜島赤水採石場跡地)
小池展望公園
ボードウォーク(しおかぜ通り)
磯海水浴場