石仏十三体

石仏十三体

「遠い鹿児島の地で、大師様の教えにあやかりたい」
 弘法大師の徳を慕う鹿児島市内の観音講の人々が、四国88ケ所巡礼になぞらえ、大師の尊像88体を伊敷の梅ヶ淵や谷山の慈眼寺、それにこの城山などの史跡や古刹跡に建立しました。
 城山には、昭和3年につくられた88体の石仏のうち13体が安置されています。

かごしま国体・かごしま大会を
シェアして応援しよう!

中央エリアの他観光地について

中央エリアの観光地一覧を見る
時標3「黒田清輝、桜島の噴火を描く」(黒田清輝、弟子)
三方限出身名士顕彰碑
西郷南洲翁宅地跡
中央公園
鹿児島市立美術館

歴史・文化の他観光地について

歴史・文化の観光地一覧を見る
時標3「黒田清輝、桜島の噴火を描く」(黒田清輝、弟子)
鹿児島市立美術館
示現流兵法所史料館
寺山炭窯跡と炭窯の碑
刀匠玉置家歴代の墓