石仏十三体

石仏十三体

「遠い鹿児島の地で、大師様の教えにあやかりたい」
 弘法大師の徳を慕う鹿児島市内の観音講の人々が、四国88ケ所巡礼になぞらえ、大師の尊像88体を伊敷の梅ヶ淵や谷山の慈眼寺、それにこの城山などの史跡や古刹跡に建立しました。
 城山には、昭和3年につくられた88体の石仏のうち13体が安置されています。

中央エリアの他観光地について 中央エリアの観光地一覧を見る

ボードウォーク(しおかぜ通り)
時標5「重豪、薩摩の科学技術の礎を築く」(島津重豪、家臣)
鹿児島市立美術館
五代友厚銅像

歴史・文化の他観光地について 歴史・文化の観光地一覧を見る

調所広郷銅像
幸田文文学碑
今和泉島津家本邸跡(篤姫誕生地)
歴史と文化の道