肝付家歴代の墓地

肝付家歴代の墓地

 肝付家は、文禄4(1595)年以降、270年あまりにわたって喜入を治めてきた一族です。
 この墓地は五段からなり、肝付家12代のうち、3代から12代までの領主をはじめ、一族の墓があります。
 明治維新に際して薩摩藩家老として、また西郷隆盛・大久保利通らの上司として活躍した小松帯刀の父(11代 肝付兼善)の墓もあります。

肝付家歴代の墓地

喜入エリアの他観光地について

喜入のリュウキュウコウガイ自生地
キイレツチトリモチ産地
帖地の田の神
千貫平自然公園

喜入エリアの観光地一覧を見る

歴史・文化の他観光地について

駄馬落の跡
時標3「黒田清輝、桜島の噴火を描く」(黒田清輝、弟子)
関吉の疎水溝
懐良親王御所記念碑

歴史・文化の観光地一覧を見る