若き薩摩の群像

若き薩摩の群像

 鹿児島の玄関、鹿児島中央駅東口広場に立つ「若き薩摩の群像」は、薩摩藩がイギリスへ派遣した留学生一行の像です。
 薩英戦争でヨーロッパの力を知った薩摩藩は、慶応元(1865)年、藩の優秀な青少年15名と使節団4名、計19名をイギリスに派遣しました。当時最年少だった長沢鼎は13歳でした。
 イギリスに渡った一行は、学問や技術を習得し、彼らの留学経験は日本の近代化に大きく活かされました。
 この「若き薩摩の群像」の作者は中村晋也氏で、昭和57(1982)年に50万人都市達成を記念して建立されました。

中央エリアの他観光地について

ウォーターフロントパーク
薩英戦争(天保山)砲台跡
東福寺城跡
松方正義像

中央エリアの観光地一覧を見る

歴史・文化の他観光地について

西南戦争の銃弾跡
花尾神社
薩英戦争(祇園之洲)砲台跡
米谷静二句碑

歴史・文化の観光地一覧を見る