薩英戦争(祇園之洲)砲台跡

薩英戦争(祇園之洲)砲台跡

 祇園之洲は、稲荷川の河口に川浚いの土砂を集めてできた州で、文久3(1863)年の薩英戦争の際には6門の砲が配備されていました。
 現在、松方正義の筆になる「薩英戦争記念碑」が建てられています。また、当地は西南戦争の政府軍戦死者の墓地としても使用されており、記念碑が立てられています。
 この地には、近年、平成5(1993)年8月6日の水害で流出を免れた五大石橋のうち、残った玉江橋と高麗橋を、隣接する石橋記念公園には西田橋を移築・復元整備しています。
(出典:かごしまデジタルミュージアム)

中央エリアの他観光地について 中央エリアの観光地一覧を見る

島津斉彬公像
ボードウォーク(しおかぜ通り)
共月亭
示現流兵法所史料館

西郷どんゆかりの地の他観光地について 西郷どんゆかりの地の観光地一覧を見る

薩英戦争(天保山)砲台跡
安藤照誕生地
西南戦争の銃弾跡
西郷南洲顕彰館(南洲墓地・南洲神社)

歴史・文化の他観光地について 歴史・文化の観光地一覧を見る

岩屋観音
西郷隆盛・従道誕生地
陽山美術館
時標2「樺山、黒田、大いに語る」(樺山資紀、黒田清隆)