西郷武屋敷跡

西郷武屋敷跡

 武屋敷は、西郷が朝鮮への使節派遣の考えに反対されて明治6(1873)年鹿児島に帰ってから、明治10(1877)年西南戦争が起こるまでの4年間を暮らしたところです。屋敷は、約3,600平方メートル(1,100坪)で、建物は縁の高い御殿造りで部屋数も多く、庭にあった大きな松の木が訪れる人の目標になっていました。
 屋敷は西南戦争で焼け、明治13(1880)年、弟の従道が再建しましたが、現在は公園となり、当時の井戸だけが残っています。
(出典:「鹿児島市の史跡めぐりガイドブック-四訂版-」鹿児島市教育委員会・平成11年3月発行)

かごしま国体・かごしま大会を
シェアして応援しよう!

中央エリアの他観光地について

中央エリアの観光地一覧を見る
調所広郷銅像
西郷隆盛終焉の地
丹下梅子銅像
琉球人松碑
石燈籠

西郷どんゆかりの地の他観光地について

西郷どんゆかりの地の観光地一覧を見る
西郷隆盛終焉の地
西南戦争の銃弾跡
西郷洞窟
  • 中央エリア
  • 西郷どんゆかりの地
  • 歴史・文化

西郷洞窟

月照上人の追悼碑
薩英戦争(天保山)砲台跡

歴史・文化の他観光地について

歴史・文化の観光地一覧を見る
村田新八誕生地の碑
建機ミュージアム
寺山炭窯跡と炭窯の碑
歴史と文化の道
大口筋白銀坂