西郷武屋敷跡

西郷武屋敷跡

 武屋敷は、西郷が朝鮮への使節派遣の考えに反対されて明治6(1873)年鹿児島に帰ってから、明治10(1877)年西南戦争が起こるまでの4年間を暮らしたところです。屋敷は、約3,600平方メートル(1,100坪)で、建物は縁の高い御殿造りで部屋数も多く、庭にあった大きな松の木が訪れる人の目標になっていました。
 屋敷は西南戦争で焼け、明治13(1880)年、弟の従道が再建しましたが、現在は公園となり、当時の井戸だけが残っています。
(出典:「鹿児島市の史跡めぐりガイドブック-四訂版-」鹿児島市教育委員会・平成11年3月発行)

中央エリアの他観光地について

幼年学校跡碑
時標5「重豪、薩摩の科学技術の礎を築く」(島津重豪、家臣)
薩摩義士碑
吉井友実誕生地

中央エリアの観光地一覧を見る

西郷どんゆかりの地の他観光地について

西郷南洲顕彰館(南洲墓地・南洲神社)
駄馬落の跡
薩英戦争(天保山)砲台跡
座禅石
  • 伊敷エリア
  • 西郷どんゆかりの地
  • 歴史・文化

座禅石

西郷どんゆかりの地の観光地一覧を見る

歴史・文化の他観光地について

岩永三五郎像
名突観音像
照国神社
水原秋桜子句碑

歴史・文化の観光地一覧を見る