西郷洞窟

西郷洞窟

 西南戦争の最末期に総攻撃を受けた西郷隆盛が、桐野利秋をはじめ私学校の幹部たちとともに銃弾に倒れるまでの、明治10(1877)年9月19日から同24日未明に至る6日間を過ごした洞窟です。

かごしま国体・かごしま大会を
シェアして応援しよう!

中央エリアの他観光地について

中央エリアの観光地一覧を見る
調所広郷銅像
牛島満生い立ちの碑
吉井友実誕生地
旧鹿児島紡績所技師館(異人館)
かごしま文化工芸村

西郷どんゆかりの地の他観光地について

西郷どんゆかりの地の観光地一覧を見る
西南戦争の銃弾跡
南洲翁開墾の地の碑
駄馬落の跡
月照上人の追悼碑
示現流兵法所史料館

歴史・文化の他観光地について

歴史・文化の観光地一覧を見る
岩屋観音
町田家の墓
五代友厚銅像
牟礼谷の牧神
高島鞆之助誕生地