谷山城跡

谷山城跡

 谷山城は、鎌倉時代以後、谷山郡を治めていた郡司谷山氏が、約200年の間、居城としていました。千々輪城ともいい、一般には本城とよばれる山城でした。南北朝時代、南朝方の谷山隆信は北朝方の島津氏と戦い、この城を守りました。
 本城は上下二段に分かれており、上段に守護神の愛宕神社があり、土塁のあとも残っています。下段には伊勢神社があります。
(出典:「鹿児島市の史跡めぐりガイドブック-四訂版-」鹿児島市教育委員会・平成11年3月発行)

谷山城跡
谷山城跡
かごしま国体・かごしま大会を
シェアして応援しよう!

谷山エリアの他観光地について

谷山エリアの観光地一覧を見る
鹿児島ふれあいスポーツランド
清泉寺跡
懐良親王御所記念碑
伊集院小伝次の墓
皇徳寺跡

歴史・文化の他観光地について

歴史・文化の観光地一覧を見る
照国神社
高濱年尾句碑
児玉美術館
かごしま近代文学館・かごしまメルヘン館
島津斉彬公像