辺田学館跡

辺田学館跡

 辺田郷は早くから武芸や学問の盛んなところで、ここに武芸の稽古場である辺田稽古所がつくられ、慶応元(1865)年、辺田学館とあらため、武芸だけでなく学問にも励みました。
 この時、教育にあたったのが川畑半平清真でここで学んだ人々の多くは薩英戦争、戊辰の役、西南戦争で活やくし、辺田郷の名を高めました。
 川畑半平は、士族以外の人たちにも学問が必要だとして明治5(1872)年、士族、平民合同の白山小学をつくり、明治20(1887)年、白山・辺田・黒丸小の三校が一緒になって、今の中山小学校ができました。
(出典:「鹿児島市の史跡めぐりガイドブック-四訂版-」鹿児島市教育委員会・平成11年3月発行)

谷山エリアの他観光地について

平川動物公園
山田の田の神
鹿児島ふれあいスポーツランド
児玉美術館

谷山エリアの観光地一覧を見る

歴史・文化の他観光地について

時標3「黒田清輝、桜島の噴火を描く」(黒田清輝、弟子)
西南の役官軍戦没者慰霊塔
尚古集成館
歩兵第45連隊跡

歴史・文化の観光地一覧を見る