陽山美術館

陽山美術館

 海老原喜之助の自宅の近所で育ち、その人柄や絵画に対する情熱に感銘を受けたという館長が1999年4月、創立した私立美術館です。鹿児島市の中心部、美術館や博物館が立ち並ぶ文化ゾーンの一画に位置しています。
 鹿児島市出身の海老原と、北九州を拠点に活躍した平野遼の作品を中心に所蔵しています。特に2002年1月、海老原と同じ独立美術協会会員、パリ在住の末永胤雄画伯の厚意により寄贈された海老原ブルー時代の最高傑作「雪景」(100号)の大作は必見です。

中央エリアの他観光地について

鹿児島市立美術館
我は海の子の碑
時標3「黒田清輝、桜島の噴火を描く」(黒田清輝、弟子)
薩摩義士の墓

中央エリアの観光地一覧を見る

歴史・文化の他観光地について

牛島満生い立ちの碑
ザビエル滞鹿記念碑
上坊石塔群
篠原国幹居宅跡

歴史・文化の観光地一覧を見る