鹿児島市は雄大な桜島と錦江湾に代表される自然、市内各所に湧き出る温泉、“美味のまち”と称される食文化、また、2018年大河ドラマ「西郷どん」の舞台であり、西郷隆盛や大久保利通をはじめ多くの偉人を輩出した個性あふれる歴史など多彩な魅力に溢れています。
ここでは、これら魅力あふれる鹿児島市の見どころについて紹介します。

歩兵第45連隊跡
ザビエル上陸記念碑
西郷どん関連 座禅石
  • 伊敷エリア
  • 西郷どんゆかりの地
  • 歴史・文化

座禅石

南泉院歴代住職の墓
西郷どん関連 南洲翁愛馬塚の碑
松方正義誕生地
庚申仁王石像
西郷どん関連 安藤照誕生地
懐良親王御所記念碑
旧鹿児島紡績所技師館(異人館)
井上良馨誕生地
調所広郷銅像
島津斉彬公御陣屋跡
関吉の疎水溝
探勝園
西郷どん関連 示現流兵法所史料館
かごしま近代文学館・かごしまメルヘン館
横山房子句碑
東福寺城跡
西郷どん関連 月照上人の追悼碑
皇徳寺跡
辺田学館跡
大山巌誕生地
常盤五輪塔群
歴史と文化の道
時標4「龍馬、お龍と薩摩でひと休み」(坂本龍馬、お龍)
帖地の田の神
坂本龍馬新婚の旅碑
藤後左右句碑
松方正義像
鹿児島県立博物館
時標7「ウィリス、高木に西洋医学を説く」(ウィリアム・ウィリス、高木兼寛)
平田靭負銅像
大久保利通銅像
川田堂園供養塔群
川路利良誕生地
谷山城跡
西郷どん関連 月照上人の遷化の碑
城谷文城句碑
天璋院像
照国神社
俊寛の碑
西郷どん関連 私学校跡
  • 中央エリア
  • 西郷どんゆかりの地
  • 歴史・文化

私学校跡

高濱年尾句碑
西郷どん関連 西郷洞窟
  • 中央エリア
  • 西郷どんゆかりの地
  • 歴史・文化

西郷洞窟

西郷どん関連 維新ふるさと館
旧島津氏玉里邸庭園
町田家の墓
西郷どん関連 西郷隆盛・従道誕生地
山田の田の神
肝付家歴代の墓地
刀匠玉置家歴代の墓
福昌寺跡(島津家墓地)
仁王堂水
寺山炭窯跡と炭窯の碑
児玉美術館
茄子田の田の神
樺山資紀邸跡
共月亭
村田新八誕生地の碑
牟礼谷の牧神
石坂
田之神石像
花尾神社
上坊石塔群
高濱虚子句碑
都迫の念仏かくれ窟
山本権兵衛・英輔誕生地
西郷どん関連 西郷隆盛銅像
  • 中央エリア
  • 西郷どんゆかりの地
  • 歴史・文化
  • 夜景・ライトアップ

西郷隆盛銅像

川村純義誕生地
歴史ロード“維新ふるさとの道”
琉球人松碑
桐野利秋・別府晋介誕生地
長島美術館
林芙美子文学碑・古里公園
山田の二十三夜待供養塔
花尾隠れ念仏洞
桜島海軍基地跡
中央公民館
薩摩義士の墓
西郷どん関連 西郷武屋敷跡
西郷どん関連 駄馬落の跡
建機ミュージアム
石仏十三体
天文館跡の碑
東郷平八郎銅像
時標5「重豪、薩摩の科学技術の礎を築く」(島津重豪、家臣)
西郷どん関連 薩英戦争(祇園之洲)砲台跡
小松帯刀像
木村探元誕生地
石橋記念公園・石橋記念館
長沢鼎誕生地
名突観音像
岩永三五郎像
西郷どん関連 西郷南洲野屋敷の跡
本立寺跡
鹿児島市立美術館
西南の役官軍戦没者慰霊塔
今和泉島津家本邸跡(篤姫誕生地)
新波止砲台跡
清泉寺跡
ふるさと考古歴史館
尚古集成館
黒田清輝誕生地
牛島満生い立ちの碑
小山田発電所
高島鞆之助誕生地
水原秋桜子句碑
西郷どん関連 幼年学校跡碑
鬢石
西郷どん関連 南洲翁開墾の地の碑
伊東祐亨元帥誕生地
重富島津家本邸跡
三方限出身名士顕彰碑
西郷どん関連 薩英戦争(天保山)砲台跡
黒木為楨誕生地
吉井友実誕生地
島津斉彬公像
鹿児島県歴史資料センター黎明館
波之平刀匠之遺蹟
我は海の子の碑
幸田文文学碑
入佐の田の神
川路大警視像
時標1「イギリス艦、鹿児島湾に現る」(大山巌、西郷従道、山本権兵衛)
陽山美術館
黒地蔵
梅崎春生文学碑
薩摩義士碑
乃木静子誕生地
米谷静二句碑
琉球館跡
森有礼誕生地
石燈籠
五代友厚銅像
中村晋也美術館
名勝 仙巌園(磯庭園)
西郷どん関連 西南戦争の銃弾跡
西郷どん関連 西郷南洲顕彰館(南洲墓地・南洲神社)
牧暁村歌碑
大口筋白銀坂
若き薩摩の群像
岩屋観音
丹下梅子銅像
東郷平八郎誕生地
三宅美術館
島津久光公像
僧月照の墓
大龍寺跡
月照上人遺跡の碑
西郷どん関連 西郷隆盛蘇生の家
西郷どん関連 篠原国幹居宅跡
西郷どん関連 西郷家の墓
造士館・演武館・医学院跡
西郷どん関連 大久保利通生い立ちの地
浄光明寺
西郷どん関連 西郷隆盛終焉の地
時標3「黒田清輝、桜島の噴火を描く」(黒田清輝、弟子)
島津久光国葬道路
キリシタン墓地
淵脇護句碑
ザビエル滞鹿記念碑
角川照子・角川春樹句碑
西郷どん関連 西郷南洲翁宅地跡
時標6「伊地知、吉井、政変について語る」(伊地知正治、吉井友実)
大久保利通誕生地
島津忠義公像
金子兜太句碑
伊集院小伝次の墓
時標2「樺山、黒田、大いに語る」(樺山資紀、黒田清隆)